Country:
Travel pictures, 4 accessories to take the best ones

旅行中に
良い写真を撮れるための
4つの機材

あなたは旅行の際にそのようなショットに触発されるような状況に陥ることがよくあります。
高い建築物や綺麗な夜明け、都会では見ることのできない幻想的な滝の写真は、サポート機材を使って撮るべきシーンです。しかし、機材のセットアップに時間がかかりすぎたり、面倒くさくなってサポート機材を使わず写真を撮ってしまったり...旅行中にあるある問題ですね。マンフロットはコンパクトで素早くセットアップできる機材を用意しましたので、面倒くさがりやさんでも使いやすいのです。

 

1. スマホから一眼レフまで対応できるポータブルの三脚

一眼レフと望遠レンズをサポートする大型三脚は、安定性を重視する方にとっては必須です。但し、プチ旅行したい方にとっては負担になるケースが少なくはありません。「すぐインスタグラムにアップしたい!」や「軽量ですぐ使える三脚あったら良いな」など不満の声が多くなります。また、最近のスマホに付いているカメラでプロのようなクオリティの写真が撮れるのです。

携帯性に優れた軽量トラベル三脚のbefreeミニ三脚PIXIならセットアップも簡単。スマホから小型の一眼レフまで使えるミニ三脚PIXIを常に携帯しておけば、いざという時に役立ちます。タイマーを設定すれば、スマホの自撮りりにも役に立ちます。

2. 小さなオールインワン スマホ アクセサリー

ビデオグラファーに人気なTwistgripは、スマホで写真や動画撮影に役に立つイタリア製のスマホアクセサリーです。マイクやLEDライトなど複数のアクセサリーが装着可能で、本格的な撮影機材に変わります。手のひらのサイズで、待ち運びに便利です。

3. 光コントロール可能なLUMI LED

小さなボディでも、必要な際に、追加で十分なライティング効果を得ることができます。ハンドバッグの中や、ポケットにさえ入れて持ち運びできるサイズです。人の心を捉えて離さない写真や動画を撮影する秘訣は、ライティングです。LUMI LEDを使用すれば、カメラを通して見たものが、撮影結果となります。とてもシンプルに被写体を照らすことができます。

4. 光りが強い場所で使う偏光フィルター

夏だからこそ、青い海と空の写真をたくさん撮るチャンスですね。C-PL(偏光)フィルター は不要な反射光を取り除き、コントラストを強め色を鮮やかにするフィルターです。空、海をより鮮やかに、水面の反射を取り除き清流(水中)を写すこともできます。ショーウィンドーやガラスの映り込みを消す効果もあります。写真表現の幅が広がるフィルターです。回転枠を回すことで効果を調整できます。

家から遠い場所でもアットホームな気持ちで写真を撮りましょう

旅行中だからたくさんの機材を待ち運べないし、せっかく海外に行ったのに持っていきたかった機材を忘れたり...旅立つ前の悩みや心配は多いですよね。それは当然です。特に初めて行く場所なら。でも、数日前に準備が終わっていれば、出発を楽しみに待つだけです。

  • 持っていきたいレンズを事前に用意しましょう。自分が持っていないレンズを買うべきか、レンタルしたほうが良いかを1か月前に決めましょう。人気商品は在庫がなくなり可能性があります。初心者の方は、幅広いシーンで使える高倍率レンズがおすすめ。

  • コンパクトサイズの三脚を持っていきましょう。マンフロットのミニ三脚 PIXIやbefreeトラベル三脚はコンパクトで軽量なのでおすすめです。小型の三脚ならカメラバッグにも収納しやすいです。

  • 航空会社によって機内持ち込みサイズは様々なので、事前に確認しましょう。ローラーバッグの持ち運びに悩んでいる方には、Manhattanコレクションの「ムーバー50」はおすすめです。ドローンも入るので、ドローンユーザーにも向いています。

  • 次の日から、たくさんの思い出ができるので、ワクワクし過ぎて眠れないと思います。しかし、旅立つ前日は、十分お休みを取っておきましょう。

 

Social Section

Capture. Share.

Our Brands

Loading cart

Sign in with Email