Country:
Tips to help you buy the right camera lens filters

適切なレンズフィルター
選びのヒント

カメラレンズフィルター
を活用して、写真のクオリティをグレードアップさせたいとお考えでしょうか。レンズフィルターが写真のクオリティに及ぼす効果を目にしたことがあるという方も、レンズフィルターにちょっと興味があるという方もいることでしょう。

最近では、LightroomやInstagram、Snapchatまで、デジタルフィルターの利用が一般的になっています。レンズフィルターは時代遅れだという意見もあるかもしれません。それでも、本物のレンズフィルターができることを目にしたことのある方なら、時代遅れなどでは決してないことを理解していただけるはずです。

多種多様なレンズフィルターやアクセサリー類をチェックする過程で、多岐にわたる仕様やタイプに圧倒されてしまうかもしれません。使用レンズに合ったフィルター直径、撮りたい写真に最適なのはND(減光)フィルターか、それともPL(偏光)フィルターか、自分のニーズに一番マッチしているのはどのモデルなのか。

フィルター選びにあたって考慮するべきことはたくさんあります。そこで、フィルター選びのプロセスを簡単にするためのお手伝いとして、大切なポイントをこのガイドにまとめてみました。

カメラレンズフィルターを活用して、写真のクオリティをグレードアップさせたいとお考えでしょうか。レンズフィルターが写真のクオリティに及ぼす効果を目にしたことがあるという方も、レンズフィルターにちょっと興味があるという方もいることでしょう。

最近では、LightroomやInstagram、Snapchatまで、デジタルフィルターの利用が一般的になっています。レンズフィルターは時代遅れだという意見もあるかもしれません。それでも、本物のレンズフィルターができることを目にしたことのある方なら、時代遅れなどでは決してないことを理解していただけるはずです。

多種多様なレンズフィルターやアクセサリー類をチェックする過程で、多岐にわたる仕様やタイプに圧倒されてしまうかもしれません。使用レンズに合ったフィルター直径、撮りたい写真に最適なのはND(減光)フィルターか、それともPL(偏光)フィルターか、自分のニーズに一番マッチしているのはどのモデルなのか。

フィルター選びにあたって考慮するべきことはたくさんあります。そこで、フィルター選びのプロセスを簡単にするためのお手伝いとして、大切なポイントをこのガイドにまとめてみました。
1.より滑らかな風景写真にはNDフィルターが最適

風景写真の撮影には、ND(減光)フィルターがおすすめです。NDフィルターはカメラセンサーに届く光の量を減少させるため、写真の色彩に影響を及ぼすことなく、より長い露光時間での撮影を可能にします。パーフェクトなバランスでの光量調整を達成できるように、NDフィルターはさまざまな濃さ、薄さのものが用意されています。たとえば、動きのある水の風景を撮影する場合には、露光時間を長くとると、より滑らかで柔らかい効果が得られます。NDフィルターを使用しないと、写真が明るすぎる状態になってしまいます。

2.レンズを保護しつつ晴天時によりクリアな写真を撮るにはUVフィルターが最適

日中の外出時に写真を撮るなら、UVカメラレンズフィルターが最適です。このタイプのフィルターは、紫外線がカメラレンズに入り込むのを防止するため、写真がぼやけたりかすんだりしません。UVフィルターのもう1つのメリットとして、レンズを傷や汚れ、ほこりから守る効果もあります。カメラが落下してしまった場合でも、フィルターをクリーニングするか交換するだけで、レンズ本体は新品に買い替えなくても済む可能性があります。

3.彩度改善、反射低減にはPLフィルターがおすすめ

 

PL(偏光)フィルターは、彩度向上、グレア低減、コントラスト強調を可能にします。また、ガラスや水からの反射除去にも優れているため、ガラス面や水面に反射する自分の姿ではなく、その向こうにある対象物をとらえることができます。

このタイプのフィルターはC-PL(円偏光)フィルターとも呼ばれ、フィルターを調整することにより、特定の光波がレンズに到達しないように遮断することができます。フィルターを回すだけで、LCD画面上でその効果をリアルタイムで確認することができます。彩度の変化により、青空の色合いを豊かにしたり、写真全体に生き生きとした効果を加えることができます。水の写真では効果が特に明確に表れ、フィルターがある場合とない場合での反射の違いは明らかです。

4.レンズフィルター直径を正しく理解する

46、52、55、58、62、67、72、77、82...これらの数字が意味のないものに見えるなら、お使いのレンズをよく観察してみてください。カメラのレンズフィルターの直径を決定するためには、焦点距離(50mmレンズなど)だけでなく、レンズ本体をよくチェックする必要があります。

通常、直径はレンズ本体上の「ø」マークのところに表記されています。このマークの横に表記されている数字が、お使いのレンズの直径です。レンズ本体上に直径が記載されていない場合は、取扱説明書やメーカーのウェブサイトを確認してみてください。レンズ直径に関する情報はすぐに見つけられるはずです。

直径がわかったら、必要なフィルターのタイプを決めてから、レンズに合ったサイズを見つけるだけです。マンフロットの各種タイプのレンズフィルターでは、一般的なサイズをすべて取り揃えておりますので、必要なフィルターをすぐに見つけることができます。

5.迅速交換可能なフィルターを選ぶ

最後の検討ポイントは、すばやく着脱できるレンズフィルターシステムを選ぶことです。慎重な位置調整とねじ止めが求められるフィルターでは、パーフェクトなシャッターチャンスを逃しかねません。XUMEフィルターアクセサリーを活用すれば、マグネット式のベースを使用してすべてセットしておくことができます。

フィルターを迅速に着脱できるため、撮影準備に慌てる必要はありません。フィルターを迅速に着脱可能なXUMEマグネットベースを取り付けた状態にしておけば、フィルターを最大限の正確さとスピードで装着することができます。ベースはマグネット式ですばやく着脱できるため、過酷な天候状況でも撮影スタイルをすばやく切り替えることができます。

最終的な決断

レンズフィルターのタイプと、お使いのレンズに合うサイズがわかったら、レンズフィルター選びもある程度見当がついてくるはずです。さらに検討が必要なポイントとして、クオリティ、そしてその他のアクセサリーがあります。

安いレンズフィルターを選んだら、当然それなりの結果しか得られません。撮影した写真がぼやける、フィルターが期待したほどレンズを保護してくれない、という事態にもなりかねません。レンズフィルター購入の決断を下す前に、評価の高いフィルターメーカーを調べる必要があるのは、そのためです。

クオリティを求めるなら、マンフロットの全レンズフィルター製品は、防傷性、撥水性を備えており、フィルターを使用しないときに収納しておける保護ケースも付属しています。

レンズフィルターが決まったら、持ち歩くためのバッグも必要です。マンフロットのカメラバッグお買い物ガイドでは、ニーズに合ったバッグを選ぶ方法をご説明しています。

写真をさらにランクアップさせるなら、ぜひ「三脚:本当に必要なものを購入するために」もご覧ください。

ブランド
Social Section

Capture. Share.

Our Brands

Loading cart

Sign in with Email